自主トレーニングの重要性について|調布市仙川の内科・整形外科

診療時間

  • ネット予約
  • 03-5315-1181
  • 診療時間・地図ページ
  • 東京都調布市仙川町1-11-8仙川FTビル2F

自主トレーニングの重要性について

投稿日:2023年12月1日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。理学療法士の荒井と申します。

今回は自主トレーニングによる筋力強化の効果を掲載いたします。

筋力強化をすることにより下記の改善を見込むことが出来ます。

【筋力強化の目的】

【筋力低下の主な原因】

・仕事や日常生活において長時間同じ姿勢でいる

・活動量の低下

・加齢による影響

 

皆さまは普段から実施している自主トレーニングやセルフケアはありますか?

2日~3日間隔で「30分~1時間程度」の筋力トレーニングを行う事が良いと言われております。

 

仮に当院のリハビリ週140分で筋力トレーニングを含めて行ったとしても、筋力向上による改善を目指すにはトレーニング時間が不足しております。当院のリハビリの他に週2日~3日程度自主トレーニングを行えると良いかと思います。

 

例として腹筋強化訓練をご紹介いたします。

《事例》

・お腹を前に出して体を反る姿勢を取っており、「歩きづらい」・「腰や膝が痛い」などを感じる。

《スウェイバック姿勢》

この姿勢は背中・腰の筋肉に力が入りやすく、立ち上がりや歩行時に腰痛が出現しやすくなり、活動範囲の縮小や仕事へ支障をきたしてしまいます。

このような症状が見られる場合には、日々の腹筋の筋力強化訓練が必要です。

 

そこで、簡単にできるトレーニングをご紹介させて頂きます。

《トレーニング内容:クランチ》

今回紹介したトレーニング以外にも、その人の症状や痛みによってお勧めのトレーニング内容が異なります。

一度、整形外科医師に医学的な評価をしていただき、それを元にリハビリスタッフによるご自身にあったトレーニング指導を受けてみるのはいかがでしょうか?

 

トップへ戻る